19日の桜桃忌に太宰作品朗読会/五所川原

朗読会のポスター

 旧金木町(青森県五所川原市)出身の作家太宰治の生誕日で忌日「桜桃忌」の19日、同市金木町の「太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)」で太宰作品朗読会が行われる。太宰が創作活動をした現存する唯一の居宅で、太宰文学の世界を堪能する。

 太宰作品の朗読をライフワークに活動しているフリーアナウンサー原きよさん(東京都在住)と、弘前市の朗読劇団「津軽カタリスト」を主宰する平田成直さんが出演する。作品は「薄明」と「朝」。

 疎開の家の朗読会は12回目。新型コロナ対策の一環で2階ホールに椅子席を設け、最大20人に制限する。参加料は千円。

 オーナーの白川公視さんは「太宰が作品を執筆した場所に身を置き、太宰の生み出した言葉でその空間を満たすことがイベントのテーマ。興味のある人は参加して」とPRしている。

 申し込み、問い合わせは太宰治疎開の家(電話0173-52-3063)へ。

五所川原市

青森
五所川原駅の待合室 昭和レトロに
青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる