淡いピンク「お城山」覆う 横手公園で桜見頃

桜が見頃を迎えている横手公園(24日午前5時40分ごろ、小型無人機で撮影)
 秋田県横手市の横手公園の桜が見頃を迎えている。24日朝、小型無人機ドローンで上空から撮影すると、淡いピンクの桜が天守閣様式の「横手公園展望台」を囲むように咲き、緑の木々とのコントラストが鮮やかだった。

 横手公園は、古くから「お城山(しろやま)」の愛称で親しまれている市民憩いの場所。園内にはソメイヨシノやシダレザクラなどが植えられている。



 市観光協会によると、ソメイヨシノは21日に満開となった。場所によっては散り始めており、あと数日は楽しめそうだという。

 この日は朝から市民らが来園。展望台を絡めて桜の写真を撮ったり、ベンチに腰掛けて花をじっくり眺めたりしていた。

 散歩していた同市睦成の佐藤建次郎さん(78)は「朝日を受けた桜はよりきれいに見えた」と話した。

横手市

秋田
豊かな四季、漫画で感じて 増田まんが美術館「日本の暦原画展」、6月末まで
秋田
名物の天ぷら人気 道の駅さんない「山菜まつり」12日まで
秋田
ピンク鮮やか、大森町「芝桜フェスタ」開幕 15日まで
秋田
岩合さん写真展「こねこ」で癒やされて 県立近代美術館
秋田
少雪でも「できる限りおもてなししたい」 横手のかまくら、15日開幕