横手やきそば(秋田県横手市)

 ルーツは終戦直後。横手市で屋台のお好み焼き店を営む男性が、お好み焼き用の鉄板を用いた新メニューを模索したのが始まりとされる。

 太く、真っすぐなゆで麺を使い、人気の肉玉(にくたま)の具はキャベツと豚ひき肉。このほかホルモン入りなどひと工夫している店もある。さらりとした甘口ソースの味付けで、麺の上には目玉焼きをのせ、福神漬けを添えている。

 旧横手市内を中心とした専門店、飲食店で提供され、B級グルメ全国チャンピオンにも輝いた。

横手市

秋田
「新そば」いかが 道の駅さんないで「まつり」
秋田
「小ぶりだが味ばっちり」 独特の粘り、山内いものこ品評会
秋田
リニューアル後、来館10万人達成 増田まんが美術館
秋田
県南の「んめもの弁当」味わって 秋田、大曲駅などで発売へ
秋田
傑出した写実力「若冲と京の美術」開幕 横手市・近代美術館