全国の工人の「ひなこけし」ずらり/黒石

さまざまな表情の「ひなこけし」が並ぶ展示即売会=2日午前、黒石市の津軽こけし館

 3日は桃の節句。青森県黒石市の津軽こけし館では現在、全国のこけし工人がひな人形を模して制作した「ひなこけし」の展示即売会が行われている。2日も市内外から見物客が訪れ、春らしい雰囲気を満喫した。展示は21日まで。

 イベントは「楽しい、ひなこけし展」と題し、冬場の誘客や販路拡大を目的に2010年から始まった。13回目となる今年は、青森県の津軽系や岩手の南部系、秋田の木地山系、宮城の鳴子系など全国12系統の工人約60人が、作品200点以上を出品した。

 会場には、各系統の特徴を生かした座りびなや立ちびな、段飾りのほか、オリジナルの造形や動物を模したものなどユニークな作品が並んだ。

 来場者は顔を近づけ、愛らしい表情に見入っていた。

 外ケ浜町の会社員大谷孝幸さん(45)は、同市出身の妻風貴子さん(29)と来場。「来月娘が生まれる予定で、家に飾る人形を選びに来た。ひなこけしはそれぞれ顔立ちが違い、個性があって面白い」と話した。

黒石市

青森
黒石で28日にイベント「酒場放浪記」
青森
黒石・こけし館で初挽き、女性工人が初担当
青森
イルミ、サンタ絵 闇に映え/黒石・松の湯交流館初めて企画
青森
ブルーだるまでサッカーW杯日本代表を応援
青森
もみじ山、3年ぶりの輝き 27日からライトアップ実施/黒石