ユートリーおみやげショップで販売している「おうちで八戸えんぶり満喫シリーズ」は注文カードで購入する仕組み。オンラインショップでも取り扱っている

 新型コロナウイルスの影響で2年連続中止となった「八戸えんぶり」の雰囲気を自宅で楽しんでもらおうと、八戸圏域の観光地域づくり推進法人(DMO)「VISITはちのへ」は17日、八戸の味を組み合わせるなどした商品全5種類の販売を期間限定で始めた。同日はえんぶりの代替企画として動画配信もスタート。担当者は「動画を見ながら味わってほしい」と呼び掛けている。

 「おうちで八戸えんぶり満喫シリーズ」と銘打った。「八戸前沖さば」を使った数量限定のせんべい汁、ほかに地酒、スイーツなどを組み合わせたセット商品は4種類用意した。価格は2400~5100円。えんぶり初日に奉納摺(ず)りが行われる長者山新羅神社で扱っているお守りや、非売品の烏帽子(えぼし)ストラップも付いてくる。3月15日まで、ユートリー1階おみやげショップのほか、「はちのへローカルマーケットオンラインショップ」で購入できる。

 一方、17日に配信開始となった動画は、今月上旬に史跡根城の広場でえんぶり組2組の摺(す)りを収録したもので、ユーチューブチャンネル「八戸二大祭り」で公開。過去のえんぶり動画も視聴できる。

 VISITはちのへ物産振興課の根城英忠さんは「市内はもちろん、遠方の方々にもえんぶりをおうちで楽しんでもらえれば。贈り物にもどうぞ」と話している。

八戸市

青森
アジア圏のバーランキング 「ark-」67位にジャンプ
青森
気分はもう夏、ビアガーデン営業開始/八戸市
青森
武者人形 表情りりしく/八戸パークホテルで展示
青森
大型連休折り返し、青森県内の客足は復調傾向
青森
八戸市美術館リニューアル半年 多彩な企画