大鰐産の赤ビーツ商品、第2弾は「うどん」

地元産赤ビーツパウダーを練り込んだ「べっぴんうどん」

 地元食材を生かした商品開発に取り組む青森県大鰐町のまちづくり会社「プロジェクトおおわに事業協同組合」はこのほど、同町産赤ビーツを使った新商品「べっぴんうどん」を町地域交流センター「鰐come」で発売した。

 赤ビーツを使った飲料「ブラッディアポー」に続く第2弾として、赤ビーツパウダーを練り込んだうどんを開発。ゆで時間は5分ほどで、ほんのりピンク色の麺とのどごしの良さが特徴だという。商品名は、赤ビーツに美肌効果があるとされることにちなみ、命名した。

 同組合の相馬康穫副理事長は「シャモロックや大鰐温泉もやしをトッピングして、大鰐尽くしのうどんで味わって。鍋の締めにもぴったり」と話した。1袋200グラム入り380円(税込み)。

大鰐町

青森
初滑り楽しく、大鰐温泉スキー場
青森
第3土日限定、3月まで 100円電車 再開/弘南鉄道大鰐線
青森
暗闇に浮かぶりんご/弘南鉄道ねぷた列車 21日から運行
青森
弘南鉄道開業95周年 記念ステッカー配布 岩手競馬でレースも
青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」