国内唯一のアルパインサウナ「引退」/大鰐

大鰐町民やサウナファンに愛されてきたアルパインサウナ(鰐カム提供)

 国内で唯一、大鰐町地域交流センター「鰐カム」で稼働し、町民や青森県内外のサウナファンに人気だった「アルパインサウナ」が老朽化などに伴い2月中旬に終了した。新天地を求めて競売にかかる予定で行き先は決まっていない。9日からは最新式のサウナの営業が始まる。

 アルパインサウナは熱い石で水を蒸発させて室内の温度を上げる「ロウリュ」を15分おきに自動で行う。熱い石に水をかける普通のやり方と違い、籠に入った熱い石を水おけに入れる。サウナや暖炉を手がける「メトス」(本社東京)が約20年前に開発。同社によると現在は製造を中止している。

 町企画観光課企画係の三浦直樹係長によると、アルパインサウナは鰐カムの目玉として、オープンした2004年に設置した。二つある浴室のうち「つつじ」にあり、日ごとに女湯と男湯を入れ替え、男女どちらも1日おきに利用することができた。

 高温の中で動くため故障も多く、改修費用がかさみ、2月12日を最後に撤去することになった。町は競売にかけることを決めたが時期や金額は未定という。

 三浦係長は「アルパインサウナは多くの人に親しんでいただけた。(9日から営業を始める)新しいサウナも楽しんで」と話した。

改装された後の鰐カムのサウナ室

大鰐町

青森
若者3人、シャッター通り再生 空き店舗に46店誘致しイベント/大鰐
青森
ツツジしっとり鮮やか/大鰐・茶臼山公園
青森
弘南鉄道大鰐線に「春のりんごねぷた列車」
青森
GMUのふるさとナビ3 大鰐・温泉もやし
青森
民宿「雪国」飲食店で復活/大鰐の若者3人