コメ交易 歴史に迫る/弘大考古学センター特別展

展示を解説する上條教授

 弘前大学人文社会科学部北日本考古学研究センターの特別展「浅瀬石川・平川流域の考古学」が9日、青森県弘前市の文京町キャンパス総合教育棟で始まった。2019年度から行う平川市、黒石市、田舎館村との共同研究の成果を展示。地形や気候を生かして稲作が盛んになり、コメの交易で発展した歴史を通史的に解説している。

 同日は報道機関向けの内覧会を行い、同センター長の上條信彦教授が展示内容を紹介。上條教授は大光寺城跡(平川市)から、さいころや中国製の青磁、白磁も出土し、中国と交易していた十三湊(五所川原市)と密接な関わりを持っていたと説明した。収穫したコメと、十三湊を通じた北方からの交易品を交換し、それをさらに南方と取引することで利益を得ていたという。

 上條教授は「豊富に取れるコメを交易で取引して財をなしたことが判明し、決して貧しい地域ではなかった。展示を通して、地元の人に地域の宝を知ってもらいたい」と稲作が重要な役割を果たしたことを強調した。

 垂柳遺跡(田舎館村)から出土した煮炊き道具が約50点並び、一般公開されていない土器も多数展示。調査では土器の内側に付着したおこげに着目し、炊飯に特化した土器だったことが明らかになった。

 開館時間は午前10時~午後4時。会期は11月7日まで(10月30、31日を除く)。

弘前市

青森
27日から弘前で市民参加型展覧会
青森
大雪像は旧函館区公会堂に/弘前城雪燈籠まつり
青森
弘前公園で樹木の雪囲い、雪吊り設置始まる
青森
弘前公園の追手門、南内門 60年ぶり修理開始
青森
弘前の3社協力 白こうじクラフトビール