外堀、西堀はや満開/弘前さくらまつり

満開となった外堀の桜を写真に収める人たち=18日午後1時半ごろ、追手門付近

 弘前さくらまつりは18日、準まつり体制での開幕後、初の日曜日を迎えた。朝から小雨が降っていたが、昼前には晴れ間ものぞき、弘前公園内は散策する家族連れなどでにぎわった。市公園緑地課は同日、外堀と西堀の桜の満開を発表。多くの人が見ごろとなった桜を写真に収めていた。

 青森県黒石市から訪れた浅原宏之さん(41)は「今日が満開だと知り、晴れ間が見えたので写真を撮りに来た。同じ場所にとどまらず、新型コロナウイルスの感染防止策に協力して撮りたい」と話した。外堀沿いは車が終日渋滞した。

 新型コロナ感染防止対策として、時計回りの一方通行区間となった西堀は、混雑が見られず人の流れはスムーズ。男性警備員(60)は「(ルールを知らず)戸惑っている人もいたが、指示に従ってもらい、『密』をつくらず歩いてくれている」と話した。

 園内の桜は19日に満開の見込み。

弘前市

青森
「弘南鉄道文化祭」高校生が沿線盛り上げ
青森
弘前ねぷた、3年ぶり合同運行
青森
トゲクリガニ専用の津軽塗箸 「高級品」手軽に生活の中で/弘前
青森
「ユーモアで平和を」 弘前・ウクライナ反戦 国際漫画展
青森
「奈良美智展」20年 弘前市が軌跡展企画