リンゴ着想のガラス彫刻/弘前れんが倉庫美術館

弘前れんが倉庫美術館で展示が始まったジャン=ミシェル・オトニエル氏のガラス彫刻「エデンの結び目」

 青森県弘前市の弘前れんが倉庫美術館は、4月10日から始まる展覧会「りんご宇宙-Apple Cycle/Cosmic Seed」の開幕に先立ち、出展作品の一つ、ジャン=ミシェル・オトニエル氏のガラス彫刻作品「エデンの結び目」を公開した。2018年秋に同市を訪れたオトニエル氏が、リンゴ園の視察などを通して得た発想を基に制作した。同館の収蔵作品として、展覧会終了後も数年間展示する。

 オトニエル氏はフランス出身でパリを拠点に活動している芸術家。ベネチア・ムラーノ島のガラスを用いた大型の彫刻作品などで世界的に知られる。「エデンの結び目」は、鏡面ガラス製の156個のビーズをステンレス鋼でつなぎ合わせた作品で、大きさは約2メートル。当初は、昨年の同館開館に合わせて展示を始める予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が延期になっていた。

 同館広報担当の大澤美菜さんは「リンゴからインスピレーションを得た弘前ならではの作品。美術館が開いているときはいつでも鑑賞することができるので、多くの人に楽しんでもらいたい」と話した。

 作品は、無料で入館できる1階受け付けカウンター付近に設置されている。問い合わせは同館(電話0172-32-8950)へ。

弘前市

青森
27日から弘前で市民参加型展覧会
青森
大雪像は旧函館区公会堂に/弘前城雪燈籠まつり
青森
弘前公園で樹木の雪囲い、雪吊り設置始まる
青森
弘前公園の追手門、南内門 60年ぶり修理開始
青森
弘前の3社協力 白こうじクラフトビール