八戸・豊崎小児童が田んぼアート 今年は見学台も設置

「アイラブ♥とよさき!」と植えられた田んぼアート

 青森県八戸市の豊崎小学校が、古代米を利用した田んぼアートに取り組んでいる。3日、稲の成長具合を確かめる観察学習を行った。児童らは、地域の協力で新たに設置された見学台から田んぼアートを眺め、「よく見える」と歓声を上げた。

 豊崎小では、作物や自然への感謝の気持ちを持ってもらおうと、地域の協力を得て長年米作りを行っている。昨年からは、収穫用の田んぼとは別の田んぼで、田んぼアートに取り組んでいる。

 この日は、5月に田植えを行った5年生が田んぼを訪れた。田植えから約1カ月が経過し、どのくらい稲が伸びているかを観察した。見学台からは、古代米で植えた「アイラブ♥とよさき!」の文字が浮かび上がって見え、児童らは交代で台に上って眺めた。

 また、もち米を植えている田んぼも観察し、問題なく育っていることを確認した。10月末か11月初めに稲刈りを行う予定。

 赤坂皇輔君は「自分が植えた『さ』の部分がはっきり見えた」、中村茉桜さんは「きれいに文字が見えてうれしかった」と笑顔を見せた。

新たに設置された見学台から、田んぼアートを眺める児童ら

八戸市

青森
赤ちゃんリスすくすく元気 八戸公園で今春誕生
青森
エキナカギャラリー開設/JR八戸駅
青森
八戸三社大祭「昭和の山車」展示始まる
青森
日本刀の歴史と伝統解説する特別展
青森
おめでたい!?紅白並んだホヤ