アマビエこけしでコロナ撃退

新型コロナウイルスの早期終息を願って制作した「アマビエこけし」

 新型コロナウイルスの早期終息を願い、青森県黒石市の津軽系こけし工人・阿保六知秀(むちひで)さん(70)が、疫病退散にご利益があるとされる妖怪「アマビエ」を模したこけしを制作している。

 アマビエは江戸時代に肥後国(現在の熊本県)に現れたとされる半人半魚の妖怪。会員制交流サイト(SNS)などで話題になっていることを知り、こけしでも作れないか-と、4月中旬から制作を始めた。

 津軽系こけしにも使われるイタヤカエデを、かわいらしい見た目になるよう、全体的に滑らかな曲線状に削って仕上げた。胴部のうろこは紫色の濃淡で表現した。「コロナを突き刺して退治してほしい」(阿保さん)と願いを込め、成形が難しいくちばしの代わりに、頭部をとがらせた。

 2日、同市の津軽こけし館で制作に当たった阿保さんは「アマビエこけしを見て、『コロナウイルスを退治するんだ』という意思疎通につながれば」と話した。

 アマビエこけしは、高さ約9センチと約12センチの2種類がある。同館は2日現在、新型コロナの感染拡大防止のため10日まで休館となっており、注文はホームページなどで受け付けている。

黒石市

青森
10市大祭典9月28、29日 黒石市で初開催
青森
黒石高生制作の広告 2月1日から弘南線に
青森
伝統こま「ずぐり」制作最盛期/黒石
青森
多くの人に幸せを/黒石でこけし初挽き
青森
飛躍の一年願い 干支こけし、ぐい飲み制作/黒石