むつ釜臥山スキー場、リフト運行スタート

ゲレンデを軽快に滑り降りるスノーボーダーたち

 青森県むつ市釜臥山スキー場で8日、今シーズンのリフト運行が始まった。指定管理者の市体育協会は、より多くの人に利用してもらおうと、リフトを無料開放。オープンを待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーたちが繰り出し、新雪の感触を楽しみながら、まっさらなゲレンデにシュプールを描いた。

 8日午前8時の積雪は40センチ。スキー場の麓と中腹を結ぶ第2リフトには、スキークラブの子どもたちや家族連れの客が列を作った。ゲレンデに時折日が差すと、リフトの終点から芦崎湾の眺望がくっきりと表れ、来場者たちは海に向かって滑り降りるような感覚を味わっていた。

 石戸谷偉月(いつき)君(第一田名部小2年)は「途中で転んじゃったけど、上からスキーで降りてくることができて楽しかった」。父親の義行さん(37)は「ようやくリフトが使えるようになり、うれしい。今シーズン、あと何回か滑れるといいですね」と話した。

 ゲレンデは一部滑走可能。リフトの無料開放は11日までで、12日以降は通常営業となる。

 スキー場中腹と上端を結ぶ第1リフトは、積雪不足のため引き続き運転を見合わせている。

無料開放のリフトには列ができた=いずれも8日、むつ市釜臥山スキー場

むつ市

青森
亡き人思い合掌 恐山で夏の大祭始まる/むつ
青森
陸軍大将・柴五郎の顕彰碑、むつで除幕式
青森
カウントダウンボード設置 大湊線100周年まで100日
青森
青森の壁登るゴリラ像、むつで余生
青森
JR大湊線100周年企画、6月17日から