色づき始めた木々が水面に映える薬研渓流

 青森県むつ市大畑町の薬研渓流の紅葉が見ごろを迎えている。秋晴れが広がった24日は、観光客らが路肩に車を止めて写真を撮ったり、散策しながら景色を楽しむ姿が見られた。

 ジオサイトでもある薬研地域は、カルデラ地形で昼夜の寒暖差が大きく、紅葉が彩りを増す。薬研渓流沿いに薬研橋から奥薬研温泉へと続く遊歩道では、赤や黄に色づいたブナやカエデの木々が日の光を浴び、ひときわ鮮やかにきらめいた。

 妻と散歩していたつがる市の男性(60)は「道路沿いも色づいていていいね。きれいだった」と話した。

むつ市

青森
GMUのふるさとナビ2 むつ・脇野沢のマダラ
青森
樹齢500年の大イチョウ、夕闇に鮮やかに/むつ
青森
下北牛の地元消費へステーキ弁当開発/むつ
青森
食や物産 むつで初のゲートウェイフェス
青森
「下北の縄文」再発見フェア