柏農とローソンがコラボ、カップケーキ発売

「柏農りんごともものカップケーキ」をPRする柏木農業高校の生徒たち

 青森県平川市の柏木農業高校と大手コンビニチェーンのローソンが、県産リンゴなどを使った「柏農りんごともものカップケーキ」を共同開発した。23日、県内のローソン267店舗で販売が始まった。同市の平賀町店では生徒たちがPRと販売活動に取り組んだ。

 同校とローソンは2014年から、ご当地食材を使った商品を開発している。今年は同校生活科学科の2年生8人が若い世代をターゲットに商品を考案。かわいらしさにこだわり、包装袋の中のカップケーキが見える透明な部分を、リンゴと桃の形にデザインするなど工夫した。商品は工藤パン(青森市)が製造した。

 カップケーキは県産リンゴと桃をシロップ漬けにし、生地に載せて焼いた。2個入りで、果物の風味を楽しめる。生地には県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の米粉を混ぜ、しっとりとした食感に仕上げた。価格は198円(税込み)。

 店頭PRには生徒7人が参加した。船水未央さん(17)は「見た目はもちろん、味にも自信がある。ぜひ食べてほしい」と話した。

発売された「柏農りんごともものカップケーキ」

平川市

青森
農家蔵包む優しい光 金屋地区でライトアップ
青森
リンゴ風味のハム 青森の「旨道」開発
青森
「訳ありリンゴ」で新定番 高校生らメニュー考案、試験販売
青森
黒石・平川・田舎館 3市村の冬満喫/2月に弘南鉄道などツアー
青森
よい年願い猿賀神社ですす払い