華やかな山車 三沢まつり「お通り」で開幕

沿道を魅了した夜間合同運行。山車は最優秀賞の「蜘蛛絲梓弦」(幸町一丁目祭礼委員会)

 青森県三沢市最大の夏祭り「三沢まつり」が23日、市中心街での夜間合同運行「お通り」で開幕した。町内会などが制作した華やかな山車12台が街を練り歩き、沿道を魅了した。

 合同運行は午後6時半にスタート。笛や太鼓のお囃子(はやし)や「ヤーレヤーレ」の掛け声が響く中、山車は中心街をゆっくり進んだ。ライトに照らされた山車から仕掛けがせり出すと、沿道からは拍手と歓声が沸き起こった。

 山車審査で11年ぶりの最優秀賞に輝いた幸町(さいわいちょう)一丁目祭礼委員会で、制作責任者を務める二ツ森寿弘さん(44)は「令和初の最高賞を取れて本当にうれしい。頑張ってつくった山車を見てもらえるのは最高の気分」と笑顔で語った。

 祭りばやし競演会で1位になった平畑祭礼委員会に所属する浪岡悠大君(11)=大曲小6年=は「2年連続で1位になれて、ほっとした。祭りの最後まで楽しんでいきたい」と目を輝かせた。

 まつり中日の24日は仮装行列や流しおどり、みこしパレードなどが行われ、最終日の25日は山車の「お還(かえ)り」行列で閉幕する。

三沢市

青森
三沢駅前複合施設「みーくる」工事大詰め
青森
三沢まつり前夜祭に山車12台出陣
青森
航空祭で三沢市バスの休止受け無料駐車場 開設決定
青森
奇才・寺山の魅力学ぶ、三沢でカレッジ開講
青森
三沢「寺山食堂」バーガー&餃子カレーパン発売