「ガラピコぷ~」見ごろ/田んぼアート

見ごろを迎えた田んぼアート第2会場「ガラピコぷ~」=19日午後2時25分、田舎館村の道の駅いなかだて

 青森県田舎館村名物「田んぼアート」は、NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の人形劇「ガラピコぷ~」を題材にした第2会場も見ごろを迎えた。19日は県内外から観光客が訪れ、盛んに記念写真を撮っていた。

 道の駅「いなかだて」にある第2会場(約1万平方メートル)には、今年60周年を迎える同番組の人形劇の人気キャラクター「ガラピコ」「チョロミー」などがお目見え。6体そろって楽しそうに動いている様子を、7色10品種の稲で描いた。

 道の駅の有料展望所で見学した横浜市の切詰(きりづめ)和代さん(52)は「すごくかわいらしい。稲の色が変わっているのがすごい。他の作品もぜひ見たい」と話した。

 NHK連続テレビ小説「おしん」を題材にした、村役場隣の第1会場も見ごろを迎えている。第1、第2会場とも、見ごろは8月中旬までの見込み。

田舎館村

青森
田舎館イチゴづくしリニューアル 24、25日開催
青森
田んぼアート「おしん」見ごろ 田舎館
青森
田舎館産イチゴで青森中央短大生がスイーツ
青森
インスタ映えの青森県内スイーツ集合/アスパム
青森
今年は「おしん」と「ガラピコぷ~」