武者に魂吹き込む/青森・大型ねぶた制作佳境

ねぶた名人・北村隆さんによって魂が吹き込まれていく大型ねぶた=5日、青森市安方のねぶた団地「ラッセランド」

 青森ねぶた祭(8月2~7日)の開幕まで1カ月を切り、青森市安方のねぶた団地「ラッセランド」では大型ねぶたの制作が佳境を迎えている。5日は、22団体のねぶた小屋でスタッフらが暑さ対策をしながら紙張りや色付け作業などに追われていた。

 そのうち「に組・日本風力開発グループ」では、ねぶた名人の北村隆さん(76)らスタッフ5人が大型ねぶた「朝比奈三郎 鰐鮫(わにざめ)を生け捕る」の色付け作業などを進めた。

 この日、北村さんはねぶたの目に墨を入れる「目入れ」に臨んだ。面の内部の照明をつけながら、慎重に筆を走らせると、武者人形に魂が吹き込まれていった。

 これまで100台以上を制作してきた北村さんは「目を描くのは今でも緊張する。題材は好きな武将の一人。水の表現と人形の迫力を見てほしい」と話した。

 同団体の台上げは21日に行う予定。

青森市

青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成
青森
海峡介した交流・交易紹介/三内丸山で特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
缶詰に見る青森県の歴史 近代文学館でサテライト展/県立郷土館
青森
エヴァの世界へいざなう/6日から青森で博覧会