ねぷた小屋公開、制作体験を/弘前駅前

扇ねぷたの制作工程を公開している弘前駅中央口そばのねぷた小屋=弘前市表町

 青森県弘前市の弘前駅中央口そばで3日、ねぷた小屋の公開が始まった。8月1~7日の弘前ねぷたまつりに向けて進められる扇ねぷた制作を見ることができる。絵貼りや絵剝がしの体験も予定されている。

 公開しているのはJR駅前地区ねぷた愛好会の大型扇ねぷた(高さ8.2メートル)で、鏡絵は「黒旋風李逵(りき)奮戦の図」、見送り絵は「母夜叉(ぼやしゃ)孫二娘(そんじじょう)」、絵師は寺田浩雲。

 3日は、同会のメンバーが骨組みに絵を貼るための下地作りを進めていた。今後、照明などの取り付けや絵貼りが行われる。

 制作責任者の齊藤旭彦(あきひこ)さん(56)は「観光客も通勤通学の人たちも、徐々に出来上がっていく姿を見て楽しんでほしい」と話していた。

 今後の予定は次の通り。体験は無料で事前申し込み不要。

 ▽絵貼り体験 13日午後6時半集合

 ▽はやし練習の公開 21~26日と28日の午後7時~

 ▽絵剝がし体験 8月16日午後6時半集合

弘前市

青森
「弘前忍者屋敷」案内が生きがい
青森
コラボ事業が街盛り上げ 弘前・平川が舞台のアニメ「じいさんばあさん若返る」 写真展やねぷた展示
青森
城下町彩る金魚ねぷた 弘前市で8月末まで
青森
五輪盛り上げる日仏友好の金魚ねぷた/弘前
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド