太宰の「リンゴ酒」第3弾完成

「太宰のリンゴ酒プロジェクト」の第3弾として発売された「走れメロス」(左)と「富嶽百景」

 青森県五所川原市のリンゴ生産者などでつくる「太宰のリンゴ酒プロジェクト」チームは、企画第3弾となる新たなリンゴの果実酒「富嶽百景」と「走れメロス」を完成させた。28日、発売された。

 プロジェクトチームは、同市出身の作家太宰治の小説「津軽」に登場するリンゴ酒を再現しようと、リンゴ生産者の土岐彰寿さん(43)をリーダーとして2021年に結成された。これまでに4種の商品を開発。今回も青森産技センター弘前工業研究所の協力を得て商品化した。製造は平川市の「CRAZY CIDER」が行っている。

 富嶽百景は、太宰の同名の作品に出てくる一節「富士には、月見草がよく似合ふ」に着想を得て開発した。五所川原市産のふじと黄色リンゴのトキをブレンドしており、土岐さんは「オーソドックスで万人に合う味。誰にでも『おいしい』と感じてもらえるのでは」とPRする。

 一方、走れメロスは同市産の王林と台湾産シークワーサーを掛け合わせており、程よい酸味ときれの良さが特長。同商品のラベルをデザインした苫米地結子さん(29)=同市=は「五所川原のお土産品を手がけるのが夢だったので、うれしい。爽やかで『走れメロス』の疾走感がある味。夏に飲みたい」と話す。

 両商品とも1本330ミリリットル入りで1350円。同市の金木観光物産館「産直メロス」で販売しているほか、ウェブサイト「太宰のリンゴ酒 TSUGARUSAKE」からでも購入できる。問い合わせは同市のトキあっぷる社(電話080-1078-4348)へ。

発売した「走れメロス」と「富嶽百景」を前にする土岐さん(中央)らプロジェクトの関係者

五所川原市

青森
ハナショウブ楽しむイベント、7年ぶり復活へ/五所川原・菊ケ丘運動公園、29日
青森
五所川原駅の待合室 昭和レトロに
青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用