種差海岸トイレ・水飲み場の開栓奉仕/八戸

蕪島海浜公園でシャワーを設置する青年部会員

 春の行楽シーズン前に、八戸圏域の22社で組織する八戸管工事協会青年部会(松本明朗=あきお=会長)は30日、青森県八戸市の種差海岸で、冬場に閉鎖していた設備の開栓作業をボランティアで行った。メンバー8人が、蕪島や種差キャンプ場、法師浜などにある公衆トイレや水飲み場、シャワーなどを使えるようにした。

 蕪島海浜公園に集まった会員を前に市観光課の三浦隆亨課長が「安全管理に留意して活動を」とあいさつ。メンバーは2班に分かれてシャワーや蛇口を設置したり、水栓を開いて水が出ることを確認した。

 松本会長(47)=おいらせ町・松本水道代表取締役=は「ライフラインを守る業務を担っており、地域のため貢献したいと思い毎年実施している。地域住民や観光客に、このようなきれいな場所で水を使ってもらうお手伝いができれば」と話した。

八戸市

青森
朝ヨガでスッキリ/八戸・種差海岸で今年も
青森
観光列車「ひなび」 7月八戸線初運行
青森
鮮やか、アヤメロード見ごろ・八戸南郷
青森
八戸花火大会 8月18日開催
青森
色鮮やか クジャクサボテン寄贈/八戸