新書、古書1500冊並ぶカフェ&バー 店主・太田さん、読書好き高じ開業/青森

カクテルやコーヒーなどを楽しみながら読書できる店内。中央(カウンター奥)が太田さん

 青森市岡造道の住宅街の一角に11月、小さなブックカフェ&バー「ボヘミ庵(あん)」がオープンした。新書、古書約1500冊が並ぶ店内は、本を片手に食事や酒を楽しむもよし、ぶらりと本を眺めて帰るもよし。本好きが高じて開業した店主の太田仁(ひとし)さん(27)は「読書家の人も読まない人も、みんなが自由に語り、過ごす場にできたら」と夢を語る。

 同市出身の太田さんが読書にのめり込んだのは、高校時代に通った図書館で何げなく手にした一冊の文庫本がきっかけ。わずか10ページの短編小説に心を奪われ、そこから読書の幅を広げた。高校卒業後は名古屋市などで就職し、帰郷後も趣味として読書を続けていたが「人に薦められた本を読むのが好きで、それを誰かと話すのはもっと好き。お酒やコーヒーを飲みながらそれができたら-と憧れた結果、自分でやろうと思い立った」という。

 コーヒーや軽食のほか、ウイスキーなどの酒類も楽しめる店内は、スナックだった空き店舗を改装。太田さんお薦めの小説、エッセーなどの新書をはじめ、太宰治、梶井基次郎など有名作家の古書もさりげなく置かれている。

 壁一面に設置された書棚には、1区画ずつ「元数学教諭」「ご近所さん」などと銘打ち、誰かの本棚をのぞいた気分になれる陳列や、紙袋を開けるまでどんな本が入っているか分からない「目隠し文庫」(300~400円)など、遊び心にあふれた仕掛けも。「本を買い、読むことは基本、独りの行為で、それだけだと寂しくてもったいないと感じていた」と太田さん。「本好きな人はもちろん、そうでない人にも、この場所で読書に興味を持つきっかけが生まれたらうれしい」

 店名の「ボヘミ庵」は、ボヘミアン(ロマ民族)の自由なイメージと「10年、20年先と店を続けた頃の自分を想像し、一部を当て字で少しふざけた感じに」命名したという。

 平日は午前11時半から午後11時まで(土日は午後1時から)。木曜定休。

「ボヘミ庵」の店内に立つ太田さん。手前の棚にあるのが「目隠し文庫」

青森市

青森
津軽のブランド力アピール/仙台でフェア
青森
夜の遺跡、幻想的に/三内丸山で縄文冬祭り
青森
あおもり雪灯りまつり 東北の絆をPR
青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る