ハクチョウ 冬呼ぶ声/鶴田・津軽富士見湖

津軽富士見湖の上を飛ぶハクチョウの群れ=8日正午

 渡り鳥の中継地として知られる青森県鶴田町の津軽富士見湖に、今年も冬の使者・ハクチョウが飛来している。8日午前、湖面や湖の中州に約70羽が姿を見せ、「コーコー」と愛らしい鳴き声を響かせた。

 この日は早朝から十数羽が湖に舞い降り、昼にかけてどんどん増加。マガンやヒシクイなどの渡り鳥に交ざって羽休めしたり、上空を優雅に旋回したりして、双眼鏡で観察していた野鳥愛好家たちを喜ばせた。

 この秋初めてハクチョウを観察したという弘前市の川末健作さん(72)は「今日やって来たのはコハクチョウ。時々群れが上空を飛んでくれたので、青空を背景にした写真を撮ることができた」と話した。

鶴田町

青森
津軽富士見湖に「花の島」出現
青森
鶴の舞橋、4月通行再開 青森県鶴田町
青森
鶴田のスチューベンワイン 国際コンペ金賞
青森
鶴の舞橋、幻想的/11月4日までライトアップ
青森
津軽弁リンゴ、準備着々/鶴田町