秋の風物詩「鈴虫列車」運行開始/津軽鉄道

其田さん(左端)と一緒にスズムシを眺める乗客

 津軽鉄道(青森県五所川原市-中泊町)は1日、秋の風物詩「鈴虫列車」の運行を始めた。スズムシの涼しげな音色とともに、奥津軽の鉄道旅を楽しめる。10月中旬ごろまで。

 鈴虫列車は1986年から続く名物企画。津鉄職員が育てた約500匹のスズムシを8匹ずつ飼育ケースに入れ、全車両の前方と後方に1ケースずつ置いている。

 2日、午前9時35分津軽五所川原駅発の便には、津軽半島観光アテンダントサポートメンバーの其田純子さんが乗車。鈴虫列車の始まりや魅力を説明した。

 市内の福井絢子さん(75)は「鈴虫列車は毎年の楽しみ。これが始まると秋が来たなと思う」と笑顔。一緒に乗車した市内の塚本ミドリさん(78)は「スズムシの音が大好き。小さな体で、大きな音を奏でるのはすごい」と感心していた。

 車内で音色は聞かれなかったが、津軽五所川原駅の待合室では“乗務”を待つスズムシたちがケース内で「リンリン」と大きな音を響かせていた。

 スズムシは同駅のほか、金木駅、津軽中里駅でも見ることができる。

五所川原市

青森
五所川原駅の待合室 昭和レトロに
青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる