温泉もやし入り「大鰐がトリモツ鍋」開発

大鰐温泉もやし1束がセットになった「大鰐がトリモツ鍋」

 地域おこしに取り組む青森県大鰐町の大鰐温泉もやし増産推進委員会(八木橋孝男委員長)が、大鰐温泉もやしのシャキシャキ感を生かした具材のセット商品「大鰐がトリ♡モツ鍋」を開発した。13日から、町地域交流センター「鰐come」で販売している。

 温泉もやしの販路を広め、地方の店と協力した商品を作りたいと、町内で酒店を営む同推進委の相馬康穫さんと、交流がある新潟県の居酒屋「てのひら食堂」が昨年12月から開発を始めた。鶏つくね団子、牛モツ、大鰐温泉もやしと特製スープのセットで、豆腐やキクラゲ、白菜など好みの具材を入れても楽しめる。

 相馬さんは「温泉もやしは熱に強いので煮込んでもおいしく、だしが出る。季節に関係なく楽しめる鍋ができた」と話した。

 冷凍商品で1袋2~3人前1980円(税込み)。

大鰐町

青森
弘南鉄道開業95周年 記念ステッカー配布 岩手競馬でレースも
青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
ツツジ鮮やか、新緑に映え/大鰐・茶臼山
青森
弘南鉄道「わにサポ」、来月から弘南線に拡大
青森
Uターン 大鰐駅前にカフェバー開店へ