「縄文」世界遺産認定書の複製、展示始まる

7日から県庁北棟で展示されている世界文化遺産登録認定書の複製

 青森県などの17遺跡でつくる「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産登録されたことを示す認定書の複製が7日から、県庁北棟1階の来庁者ロビーで展示されている。31日まで。

 認定書は「顕著な普遍的価値を証明する」などと英語で書かれ、原本は文化庁が保管している。県庁では通し番号1番の複製とともに、認定書の日本語訳や、縄文遺跡群の説明文を合わせて展示した。

 県の担当者は「来庁時に展示を見て、新型コロナウイルス感染が落ち着いた後、遺跡に来ていただければ」と話した。31日以降の展示場所は検討中。

 ロビー奥の東青地域県民局県税部前では、縄文遺跡群の県内8遺跡についての解説パネルなども展示している。

青森市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る
青森
東通村の味覚を一堂に/22日まで青森で物産展
青森
大韓航空青森-ソウル線2年10カ月ぶり再開
青森
混浴文化守ろう 実験「湯あみ着の日」/酸ケ湯