ストーブ列車乗車記念、クリアファイルいかが

津鉄が販売しているストーブ列車乗車記念のクリアファイル(左)とシール

 津軽鉄道(本社青森県五所川原市)は冬の風物詩「ストーブ列車」の新たな乗車記念品として、版画家藤田健次さん=八戸市在住=がデザインしたシールとクリアファイルを販売している。

 津鉄と藤田さんは、これまで手ぬぐいやカレンダーなどのグッズを連携して製作してきた。昨年、「シールを作ってみた」と、藤田さんから手紙とシールの原案が津鉄に届いたことを機に商品化を進めた。

 雪原を走るストーブ列車を版画らしく温かみのある雰囲気で表現。シールには津鉄に乗務する津軽半島観光アテンダントが選んだ津軽弁「よぐきたな~」「ストーブでぬぐだまれ~」などのフレーズも入れ、青森県らしさを存分に盛り込んだ。

 澁谷房子社長付顧問は「素朴な津鉄らしい乗車記念グッズになった。地元の人には県外へのプレゼントにおすすめ」と話す。

 シール(8種類1セット)、ファイル(A4判)ともに各1枚200円(税込み)で千枚限定。津軽五所川原駅、金木駅、津軽中里駅のほか、津鉄オンラインショップでも販売中。

 ストーブ列車は3月31日まで運行している。

五所川原市

青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる
青森
五所川原立佞武多、今夏は吹き流し方式で