「11ぴきのねこ」グラスに/東北64郵便局で発売

日本郵便東北支社管内の64郵便局で発売された6種類のグラス。左奥は2022年版のスケジュール帳

 日本郵便東北支社は1日、青森県三戸町出身の故馬場のぼるさんが描いた絵本「11ぴきのねこ」のグラス6種類を管内64郵便局限定で発売した。三戸郵便局(橋本正俊局長)は同日、発売を記念して全6種類入りのグラスセットを三戸町に贈呈した。

 グラスには、11ぴきのねこシリーズ6冊それぞれの代表的な場面がデザインされている。11ぴきのねこグッズを手掛ける埼玉県の業者が、絵本を出版するこぐま社(東京)の協力を得て商品化。東京都練馬区立美術館で開催中の「没後20年まるごと馬場のぼる展」で先行販売している。

 町役場で橋本局長から受け取った松尾和彦町長は「多くの方々に、このグラスで三戸産のさまざまなジュースを飲んでもらえたら」と新商品の発売を喜んだ。

 グラスは1個1100円。単品のほか、特製ギフトボックス入りの全6種類セット(6600円)でも販売する。同日は2022年版スケジュール帳(1980円)も併せて発売された。

 県内では32郵便局で取り扱う。問い合わせは三戸郵便局(電話0179-22-2363)へ。

三戸町

青森
「11ぴきのねこ」ファン集合/三戸町初開催
青森
「11ぴきのねこ」のまち観光アプリ運用/三戸
青森
「11ぴきのねこ」で暑中見舞い 500セット、11日発売/三戸
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設
青森
名物居酒屋「馬酔木(あしび)」復活/三戸