海山一望 八戸の鮫角灯台一般開放

灯台から景色を楽しむ子どもたち

 三陸復興国立公園内にある青森県八戸市の鮫角灯台の一般開放が20日、始まった。来場者は高さ22.73メートルの展望スペースから、360度広がる美しい海岸線や八甲田の山々の眺めを楽しんだ。

 同日は風が比較的強かったが、好天に恵まれた。来場者は79段のらせん階段を上り、展望スペースに到着後、思い思いに大パノラマに見入った。

 小学3年生の小軽米和奏(そよか)さん(8)と中塚琉愛(るうあ)さん(8)は「風が吹くと気持ちいい」「景色がきれい。また上りたい」と笑顔で話した。

 同灯台は1938年2月に初点灯し今年で82年目。一般開放は10月27日までの土日祝日で、午前9時から午後4時。夏休み期間の7月20日から8月21日までは連日開放する。開放期間のうち4日間、夜間開放を予定している。入場は無料。

八戸市

青森
新たに4種「11ぴきのねこ」日付印/三戸
青森
27の「置山車」展示へ/八戸三社大祭・代替行事
青森
八戸・マリエントで「紅サーモン」の企画展
青森
印象的な18枚一堂に 11日から工藤正市写真展/八戸
青森
忘れ物の傘、よみがえった 市民デザイン、3日からはっちで展示