家具職人小野さん、自宅で作品展示会/弘前

自宅で自作の家具の展示をしている小野さん

 木にこだわった家具を20年以上作り続けている、青森県弘前市の家具職人小野英樹さん(59)が自宅で自身の作品の展示会を開いている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまで参加していた展示会が相次いで中止となる中、職人として「作品を見てもらう機会がほしい」という思いで開いた。15日まで。

 小野さんはこれまで、弘前工芸協会主催の展示会などに出品してきたが、個展の開催は十数年ぶりという。展示会場は、同市城西地区の小野さんの自宅。

 板柳町の工房で作った木製の椅子や座卓、食器棚、小物など200~300点が並ぶ。

 木目が細かく、湿度が高い時期でも形が崩れにくいタモ材をテーブルに使用するなど、家具の特性に合わせてクルミ、ナラ、ケヤキ、ヒバなどを扱っている。

 こだわりは「使う人のことを考え、シンプルに作る」こと。小野さんは「木の家具は安らぎを与えてくれる。なかなか外を出歩けないからこそ、家の中にリラックスできる場所を作りたい」と話した。

 問い合わせは小野さん(電話090-7332-9034)へ。

弘前市

青森
弘前菊と紅葉まつり、11月1~7日開催
青森
ねぷた御朱印、今年も 鶴田八幡宮で30日から頒布
青森
縄文新グッズ発売 盛り上げ図る/青森県内
青森
いのっちねぷたで「縄文」盛り上げ/弘前
青森
ねぷた絵展示会26日から酸ケ湯で