八戸マリエントで春の企画展

アイナメの稚魚。体長は5センチほど

 八戸市水産科学館マリエントは春の企画展「~つながる命 つなげる命~青森県“つくり育てる漁業”への挑戦展 祝 入学おめでとう!」を開催している。春にちなんだ魚のほか、普段目にする機会が少ないアイナメの稚魚も展示しており、訪れた市民は水産資源を維持することの大切さについて理解を深めている。25日まで。

 県栽培漁業振興協会(階上町)から提供を受けた貴重なアイナメやキツネメバルの稚魚を見ることができる。また入学シーズンに合わせ、桜の花びらのような形が特徴のハナビラクマノミや、きれいな紅色をしたサクラダイ、枕草子の「春はあけぼの」の名文にちなんだアケボノチョウチョウウオなど、春らしい魚も楽しめる。

 八戸市の根岸幸一さん(80)は妻の美智子さん(84)と訪れ、「珍しい魚ばかり。ハナビラクマノミが泳ぐ姿は桜の花が散っているようで美しい」と話していた。

 マリエントの山本綾香さんは「稚魚の展示を通してつくり育てる漁業への関心を高めてほしい。また春らしい魚を見て、明るい気持ちになってもらえれば」と語った。

きれいな紅色をしたサクラダイ

桜の花びらのような形が特徴のハナビラクマノミ

「春はあけぼの」にちなんだアケボノチョウチョウウオ

八戸市

青森
アジア圏のバーランキング 「ark-」67位にジャンプ
青森
気分はもう夏、ビアガーデン営業開始/八戸市
青森
武者人形 表情りりしく/八戸パークホテルで展示
青森
大型連休折り返し、青森県内の客足は復調傾向
青森
八戸市美術館リニューアル半年 多彩な企画