まるで白い平原 小川原湖が一面結氷

広範囲にわたり湖面が氷に覆われた小川原湖。対岸付近まで白一色に

 青森県東北町の小川原湖が今月上旬の寒波により、広い範囲で氷に覆われている。青空が広がった11日、白い平原のようになった湖では、たこ揚げを楽しむ人や漁に向けて湖面に張った氷を切る漁業者の姿が見られた。

 地元の漁業者によると、小川原湖は7日からの寒さで結氷が進んだという。同町船ケ沢地区の岸近くでは氷の厚さが10センチを優に超え、湖の上を歩ける所も。泊めてある漁船周辺の氷をチェーンソーで切っていた沼辺茂明さん(45)は「明日の(船での)漁は無理だろうな。沖の方まで凍るのは久しぶり」と話していた。

 結氷が本格的に進めば、そりなどで漁場に向かい、湖面に穴を開けてシジミを取る「氷下曳(しがびき)漁」も行われるという。

チェーンソーで湖面に張った氷を切る漁業者=11日午後、東北町

東北町

青森
小川原湖2年ぶり全面結氷
青森
小川原湖シラウオ 加熱メニューで漁師支援
青森
ナガイモなど使い東北町も空自「空上げ」
青森
好評ガニ汁うどん復活 来年3月まで/道の駅おがわら湖
青森
サラブレッドの母馬たち のんびりと