三戸産リンゴ「ミニふじ」新ブランドで20日発売

新たなブランド商品として20日に発売される「ミニふじ」。右下は通常の「ふじ」

 青森県三戸町の地域商社SANNOWA(サンノワ、吉田広史社長)は20日から、同町の農家が開発した小さなリンゴを新たなブランド商品「MINI FUJI-CO(ミニフジコ)」として、県内外で売り出す。地元産リンゴの付加価値を高める取り組みで、初年度は約1万個の販売を目指す。同社が19日発表した。

 このリンゴは2005年に亡くなった同町の故水野益冶さん(享年51)が約10年の歳月をかけて開発した。直径5センチほどで、甘みと酸味のバランスが良く、現在は母しげさん(87)ら家族が栽培を引き継いでいる。高級果物店として知られる新宿高野(本店東京)は01年から「ミニふじ」の商品名で販売している。

 サンノワはより多くの人に知ってもらおうと、東京などでのテスト販売を経て約1年かけて発売にこぎ着けた。開発を担当したサンノワ広報の出川ジェンゴスキーさんは「小さくてかわいい上に、おいしい。いろんな人に知ってもらい、愛されれば本望」と話す。

 同社は、お供え餅のミカンの代わりやクリスマスツリーの飾りなどに使われることにも期待しており、PRの一環として25日まで50万円を目標にクラウドファンディングも行っている。

 ミニフジコは1個入り350円、4個入り1200円、9個入り2500円。家庭用規格の「DEMI FUJI-CO(デミフジコ)」は5個入り800円(いずれも税別)。八戸市のカネイリミュージアムショップ、十和田市の365、青森市のA-FACTORY、東京の8base、神戸市の「a la ringo」で販売する。問い合わせはサンノワ(電話0179-23-0305)へ。

三戸町

青森
地元牛、紅玉煮込み味自慢 ビーフシチュー提供開始/道の駅さんのへ
青森
三戸・城山公園で初の紅葉ライトアップ開始
青森
三戸、田子、南部食べ歩きラリー
青森
納税返礼品に「11ぴきのねこ」ピンバッジ/三戸
青森
「ミャンのへ郵便局」開局5年/三戸