基地の味「F35Aカレー」 三沢市長に完成報告

F35AカレーをPRする久保田司令(左)と相場会長

 青森県三沢市観光協会(相場博会長)が航空自衛隊三沢基地の協力を得て開発した「F35A 三沢基地カレー」が完成し、8月28日、相場会長、空自三沢の久保田隆裕司令らが市役所を訪れ、小桧山吉紀市長に報告した。

 同協会は市の観光宣伝を目的に、2012年から空自三沢と協力してレトルトカレーの開発を行っている。第4弾の今回は、パッケージにステルス戦闘機F35Aの写真をデザインした。

 カレーには県産の豚モモ肉を使用。蒸気釜で煮込むことでうまみを凝縮し、スパイスを効かせた。空自三沢の隊員食堂で毎週月曜日に提供されているカレーの味を再現することにこだわり、食堂のスタッフに何度も試食をしてもらったという。

 報告会では小桧山市長や相場会長、久保田司令らがカレーを試食。相場会長は「空の街・三沢の観光PRにつながれば」と期待。久保田司令は「基地の味が忠実に再現されている」と太鼓判を押した。

 小桧山市長は「後から香辛料が香ってきて、まさにステルスカレーだ」と感想を語った。

 価格は1個648円。三沢空港ターミナルビル2階売店や道の駅みさわなどで販売している。

三沢市観光協会が開発した「F35A 三沢基地カレー」

三沢市

青森
6月23日に三沢アメリカンデー
青森
GWどこ行く? 青森県内イベント多彩
青森
青森屋大浴場にねぶたサウナ完成/三沢
青森
三沢基地航空祭、9月8日に開催 曲技飛行予定なし
青森
20年の集大成 モモさん30日ライブ/三沢