アマビエねぷた夏バージョンを作る檜山助役

 青森県弘前市の観光施設・津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)は、疫病退散にご利益があるとされる妖怪「アマビエ」を模した「アマビエねぷた」の夏バージョンを製作している。

 夏バージョンは、ねじり鉢巻きにはんてんのいでたちとなっている。新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って、4月から製作しているオリジナルのアマビエねぷたの「夏の装い」が話題となり、販売が伸びているという。檜山和大助役は「少しでも祭りや夏の雰囲気を感じてもらえれば」と話す。

 LEDライトを内蔵した直径12センチの中サイズは2700円(税込み)、同6センチの小サイズは1800円(同)。同施設のほか、青森市のアスパムや東京都の特産品センターで取り扱う。ネット通販も行っている。

弘前市

青森
藤田記念庭園(弘前)で樹木の雪吊り作業
青森
弘前城植物園に「鬼滅の刃」モチーフの樽絵
青森
「ドラキュラ金魚」お目見え、津軽藩ねぷた村
青森
沢田教一と妻サタさんの写真展、弘前で開催中
青森
もう冬か……岩木山、八甲田で初雪観測