黒石・虹の湖公園でシャクヤク見ごろ

陽光を浴びながら咲き誇るシャクヤクの花=17日午後、黒石市沖浦の虹の湖公園

 青森県黒石市沖浦の「虹の湖公園」で、シャクヤクの花が見ごろを迎えた。鮮やかな赤紫やピンク、白などの大輪が新緑の中でひときわ映え、来園者の目を奪っている。見ごろは今週末ごろまで。

 好天となった17日は、親子連れや中高年のグループなどが、約30品種、約700株のシャクヤクがある園内を散策していた。仲間と写真に納まっていた平川市の女性(88)は「毎年見に来ているが、今年もとてもきれい」と話した。

 公園や併設の「道の駅虹の湖」を管理する黒石市観光開発公社によると、新型コロナウイルスの感染防止のため、今シーズンは売店やレストランなどは営業しないものの、20日からは屋台村が飲食物の提供を始める。

黒石市

青森
2つの催しで地域盛り上げ/黒石
青森
3カ月遅れ「夜店まつり」10日まで/黒石
青森
津軽家ゆかり5市町、鯵ケ沢で交流宣言
青森
黒石ねぷた 絵師30人の作品集発売、200部限定
青森
黒石の食・文化結集、12日から「こみせまつり」