為内の一本桜(八幡平市野駄)

為内の一本桜
 1919(大正8)年まで神社があった小高い丘に、ソメイヨシノが凛(りん)と立つ。毎年4月下旬から5月上旬ごろに開花。樹齢は不明だが、神社を移設する際、1本だけ残されたという。地域住民らは5年ほど前、「守る会」を結成。周辺の草刈り、遊歩道の整備などを行い、保存に努める。雄峰岩手山(2038㍍)と青空を背景に、古木を撮影できる地として徐々に浸透。今では全国から写真愛好家らが訪れる。

八幡平市

岩手
初秋の八幡平 駆け上がる ロードレース・ヒルクライム
岩手
ビール醸造、来月から 旧八幡平トラウトガーデンで東京の企業
岩手
暑さ忘れる「竜の瞳」 岩手山サービスエリア
岩手
パパ似 アルパカ赤ちゃん 八幡平市・サラダファームで誕生
岩手
特産ソーセージ発売 八幡平スマートファーム、市内業者と開発