為内の一本桜(八幡平市野駄)

為内の一本桜
 1919(大正8)年まで神社があった小高い丘に、ソメイヨシノが凛(りん)と立つ。毎年4月下旬から5月上旬ごろに開花。樹齢は不明だが、神社を移設する際、1本だけ残されたという。地域住民らは5年ほど前、「守る会」を結成。周辺の草刈り、遊歩道の整備などを行い、保存に努める。雄峰岩手山(2038㍍)と青空を背景に、古木を撮影できる地として徐々に浸透。今では全国から写真愛好家らが訪れる。

八幡平市

岩手
厳寒耐え 青く甘く 八幡平市で寒締めホウレンソウ収穫
岩手
交わす美酒を心待ちに 八幡平市わしの尾、仕込み作業が盛ん
岩手
スキー場、コロナ対策に注力 安比、県内皮切り
岩手
歴史伝え来館5万人 八幡平市博物館、約20年で達成
岩手
きらめく冬、今年も 八幡平市・サラダファーム