十和田湖遊覧船が今シーズンの運航開始


遊覧船「第3八甲田」での湖上遊覧を終え、桟橋で記念撮影する台湾人旅行客=12日午前

 昨年11月から冬期間の運航を休止していた十和田観光電鉄(青森県十和田市)の十和田湖遊覧船が12日、湖畔休屋で運航を再開した。初日は台湾人観光客や招待客らが双胴船「第3八甲田」に乗り込み、雪残る山々のパノラマ、青みを増す初春の湖水に見入った。

 再開したのは休屋を発着し、御倉半島と中山半島を巡る約50分のコース。招待客が乗った午前11時45分発の53便ではセレモニーを行い、観光シーズン開幕を祝った。船は湖畔の「乙女の像」や、湖上に浮かぶ「恵比寿大黒島」といった名所近くを周遊した。

 別便で遊覧した台湾人の施正忠さん(50)は「雪のある景色がとても美しい。満足している」と笑顔をみせた。十鉄によると、2018年度の乗船客は、欠航が多かった影響で前年比約9千人減の11万人。うち外国人観光客は1万1千人と1割を占める。

 同社の白石鉄右エ門社長は「今年の目標は12万人。船の魅力を国内、外国のお客さまに合わせて伝えていきたい」と意欲を語った。

 19日からは休屋-子ノ口航路も再開し、11月まで1日最大18便を運航する。料金は大人1400円、子ども700円(団体割引あり)。

十和田市

青森
映像祭出展の若手アニメ作家が十和田視察
青森
十和田湖ひめます食べて賞品もらおう
青森
青森・2019夏■アイス&ソフトクリーム特集
青森
十和田湖休屋で「北欧to北奥」/北欧雑貨、ずらりと展示、販売
青森
十和田湖畔の森にヒメボタル舞う