西馬音内そば(秋田県羽後町)

弥助そばやの冷やかけ。フノリを使ったそばはこしがあり、歯切れがいいのが特徴
 中心部・西馬音内地区は県内屈指の「そばどころ」。1818(文政1)年に「弥助そば」が開業したのが始まりで、地区には「冷やがけ」を名物とする老舗そば屋が点在する。

 麺は細めで、「弥助そば」創業者が修業した大阪砂場の流れをくむとされる。そばレストランのある道の駅うごを含めると、そば店が8軒あり、ほぼ全店が冷たい汁をかける「冷やかけそば」を看板メニューとする。そばのこしや汁の味わいはそれぞれ個性があり、店巡りを楽しむ人も多い。

 代々伝わる製法は、そば粉のつなぎに小麦粉だけでなく、煮詰めてゼラチン状にした海藻のフノリを加える。フノリは古くから汁物の具材のほか、織物やしっくいなどののり材とされた。粉のつなぎに使うと、こしの強さや歯切れの良さが生まれるという。伝統の製法と味、町独自の食文化を絶やすまいとするそば職人たちの熱意が、「冷やがけ」を支え続けている。

羽後町

秋田
オンラインで27日「鎌鼬の里芸術祭」 作品披露へ
秋田
西馬音内盆踊り実演、ユーチューブで生中継 羽後、17日
秋田
県南の観光情報はお任せ! 民間組織がポータルサイト開設
秋田
優雅にキャンプ、グランピング楽しんで 羽後町「としとらんど」
秋田
土方巽のパネル増設、見応えアリ 羽後・鎌鼬美術館が再開