三沢駅前一変 現代的に/交流プラザ、交通ターミナル完成

大型の映像表示装置が並ぶ「みーくる」2階。三沢市の観光情報などを発信する

 青森県三沢市が市の陸の玄関口・三沢駅西口で進めてきた駅前広場整備事業で、「三沢駅前交流プラザみーくる」と交通ターミナルが3月末で完成、4日から利用が始まる。昭和の香り漂う十和田観光電鉄(十鉄)旧三沢駅舎のあった一帯は、現代的な空間に生まれ変わった。

 同事業は2015年度に着手、防衛省の交付金を活用し、総事業費約20億円。市の担当者は「市内を回遊する拠点になれば」と、駅利用客の利便性向上に期待を寄せている。

 昨秋に一部利用が始まった「みーくる」は青い森鉄道三沢駅舎と接続し鉄骨2階建て、延べ床面積1331平方メートル。各所に、高校生や学生が勉強できるよう、机や椅子を配置した。1階にバス待ち合いスペースやバス発券所、2階には観光案内所などがある。

 ターミナルは旧十鉄三沢駅舎の解体跡地に整備され、バス・タクシー乗降場となった。一般車両は進入できない。

 旧十鉄駅舎内にあった「三沢駅食堂(駅そば)」は工事に伴い19年春、駅東側に移転した。今後は現店舗と「みーくる」1階の2店舗で運営する方向で、みーくるの店舗区画では現在、5月1日開業を目指し内装工事が進められている。

 「みーくる」北側の一般車向け駐車場(9台)と乗降場は7月末までに完成の予定。

【写真左】三沢大橋から撮影した十鉄・旧三沢駅舎=2019年3月9日【写真右】左の写真と同じ位置から撮影した、三沢大橋から見える十鉄・旧三沢駅舎のあった一帯。左奥が「みーくる」、手前がターミナル=2020年4月2日

解体される前の十鉄・旧三沢駅舎。1964年に建てられた=2019年3月9日

「みーくる」の外観。ガラス張りの外観が印象的だ=2020年4月2日

三沢市

青森
JAL、青森県の食と観光を集中的発信へ
青森
流派異なる3人共作 青森ねぶた完成/三沢
青森
ビー玉転がしてビードル号離陸/三沢
青森
基地の味「F35Aカレー」 三沢市長に完成報告
青森
三沢青年会議所がイベント、公園に屋台村