「乾杯!」と一斉にグラスを合わせる乗客たち=6日午後6時36分、平川市

 弘南鉄道(本社青森県平川市)は6日夜、弘南線(弘前-黒石間)で毎年恒例の「忘年列車」の運行を始めた。乗客70人が心地よく揺れる車内で、仲間たちと年の瀬の酒宴を満喫した。

 大勢の乗客を乗せた2両の列車は午後6時28分に平賀駅を出発。同社の櫻庭博巳取締役総務部長が「1年間の全ての苦労を忘れて楽しんで」とあいさつした。乗客たちは「乾杯!」と一斉にグラスを合わせると、料理やビールを味わいながら、にぎやかに談笑やカラオケを楽しんだ。

 列車は弘南線両端の弘前、黒石駅に立ち寄り、午後8時半ごろに平賀駅に到着した。これまでに10回以上参加している農業山内誠さん(56)=平川市=は「これがないと年を越せない。令和になったが、これからも参加し続けたい」と上機嫌だった。

 忘年列車は13日と20日も運行する。弘前駅発の20日分は満席だが、黒石駅を午後6時20分に出発する13日分は予約受け付け中。

黒石市

青森
黒石の食・文化結集、12日から「こみせまつり」
青森
旬の果物、野菜ずらり 黒石公民館で即売会
青森
黒石よされの代わり「廻り踊り」にぎわう
青森
ねぷたの灯絶やさない、黒石こみせ通りに絵30枚
青森
津軽8市町村 応援フェア+スタンプラリー