漁期終盤スルメイカ水揚げに沸く、三沢

スルメイカが詰められた山積みの箱。水揚げ後すぐに競りに掛けられた=26日午後6時半ごろ、三沢漁港

 近年深刻な不漁が続いている三沢漁港のスルメイカ漁は26日夜、漁船28隻が計4531箱(発泡スチロール4088箱、木箱443箱)を水揚げ。漁期終盤の久々にまとまった水揚げに、港は活気に沸いた。

 同漁港に水揚げされるスルメイカは、三沢市漁協が「三沢昼いか」として売り出し中。朝に出漁した漁船が夕方に水揚げし、翌朝には首都圏の市場に並ぶ。同漁協によると、今月は3日に41隻で計180箱を水揚げしたのを最後に、まとまった数の水揚げに恵まれていなかったという。

 26日は漁船が発泡スチロール(1箱5キロ相当)と木箱(同15~20キロ相当)を次々と水揚げ。発泡スチロールを100箱以上水揚げする船もあった。水揚げを手伝った市内の男性(77)は「今年は1隻の水揚げが10箱という日もあったほどの不漁。でも今日は用意した箱が足りない」と笑顔を見せた。

 三沢市漁協関係者は「漁は水物。大漁はたまたま」と言いつつ、「こんな日が続いてくれれば助かる」と話した。

三沢市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
きらきら 市民魅了 三沢で「パンタシア」
青森
温泉ねぶたがお出迎え/三沢空港
青森
「三沢ほっき丼」提供店が売り込みに気勢
青森
10市の魅力、3年ぶり集結/三沢で大祭典