夜の大恐竜展、再び/2日も午後6時から・青森

ナイトミュージアムで懐中電灯を手に探検気分を味わう子供たち=1日午後6時すぎ

 青森市の東奥日報新町ビルNew’sホールで開かれている「青森大恐竜展2019 地上最強生物の大いなる進化」(東奥日報社主催、福井県立恐竜博物館特別協力、福井新聞社企画協力)は1日夜、閉館時間を午後8時まで延長する「ナイトミュージアム」を実施した。2日も午後6時から行う。

 ナイトミュージアムは2度目。来館者は薄暗く特別演出された会場を、恐竜の全身骨格など42点を懐中電灯で照らしながら進んだ。

 今回は「4歳~小学生」チケットの入場者を対象に、問題に全問正解すると抽選で恐竜グッズが当たる「7つのミッションにチャレンジ!」を実施。子どもたちは「この恐竜なーんだ?」と恐竜の頭骨などに懐中電灯の光を当てたり、問題用紙に答えを書き込んだりして楽しんでいた。

 同展は4日まで。

青森市

青森
版画年賀状グランプリ 入賞作決まる/青森
青森
決め手くんLINEスタンプ第2弾、青森県産品PR
青森
「あおもり藍」に糖尿病改善の可能性
青森
三沢・青森屋、18日から地酒味わう貸し切り列車
青森
リンゴ風味のハム 青森の「旨道」開発