30食限定で提供されたいまべつ牛の丼に並ぶ町民ら

 青森県今別町のふれあい広場で13日、物産販売などを行う「軽トラ市」が開かれた。町内の6店舗が軽トラックで運んできた新鮮な野菜や海の幸などを売り出し、町中心部は多くの町民でにぎわった。

 軽トラ市は3年目を迎え、今年は既に2回開かれた。今回は「いまべつ牛カタロース丼」が30食限定で1杯500円で提供されたほか、糖度が高い「一球入魂かぼちゃ」が当たるくじなど盛りだくさん。いまべつ牛の提供には開始前から町民らが列を作り、あっという間に売り切れた。

 十五夜に合わせて、ススキや栗などの十五夜セットも無料で配られた。

 収穫したばかりのブドウを販売した本郷農園=大川平=の本郷康一さん(42)は「次回はシャインマスカットを出す予定。おいしいので、ぜひ食べてほしい」と話した。軽トラ市は10月5日と11月8日にも開かれる予定。

今別町

青森
今別、外ケ浜で乗り合いタクシー実験 JR東
青森
今別町有志が「荒馬」PRの布マスク
青森
予約制タクシー 愛称募集/奥津軽いまべつ駅-津軽中里駅
青森
GMUのふるさとナビ 今別・いまべつ牛
青森
東青5市町村の名産がアイスに