岩手山(八幡平市、滝沢市、雫石町)

 
 「南部片富士」の名で知られる標高2038メートルの岩手県最高峰。3市町からの登山コースがあり、コマクサ、チングルマ、オオバキスミレなど数多くの高山植物を楽しめる。1719年に噴火した際にできた国指定特別天然記念物の焼走り熔岩流は、噴出口から末端までの長さ約3キロ、幅約1.5キロの規模。黒い溶岩が山腹に積み重なり、一帯は今なお植物が育ちにくい。

八幡平市

岩手
厳寒耐え 青く甘く 八幡平市で寒締めホウレンソウ収穫
岩手
交わす美酒を心待ちに 八幡平市わしの尾、仕込み作業が盛ん
岩手
スキー場、コロナ対策に注力 安比、県内皮切り
岩手
歴史伝え来館5万人 八幡平市博物館、約20年で達成
岩手
きらめく冬、今年も 八幡平市・サラダファーム