岩手山(八幡平市、滝沢市、雫石町)

 
 「南部片富士」の名で知られる標高2038メートルの岩手県最高峰。3市町からの登山コースがあり、コマクサ、チングルマ、オオバキスミレなど数多くの高山植物を楽しめる。1719年に噴火した際にできた国指定特別天然記念物の焼走り熔岩流は、噴出口から末端までの長さ約3キロ、幅約1.5キロの規模。黒い溶岩が山腹に積み重なり、一帯は今なお植物が育ちにくい。

八幡平市

岩手
漆の奥深さ伝える 二戸市と八幡平市の2館で特別展
岩手
冬へ続く光の道 八幡平市・サラダファームで点灯
岩手
土偶、土器に見る縄文人の祈り 八幡平市博物館で企画展
岩手
響き合う秋、山賊まつり 八幡平市、児童らがステージ発表
岩手
八幡平温泉郷に「食」発信拠点 「ノーザングランデ」22日開業