稲庭うどん(秋田県湯沢市)

 湯沢市稲庭町特産の「稲庭うどん」は、香川県の「讃岐うどん」と並び知名度が高く、「日本三大うどん」の一つとしても知られる。

 江戸時代初期に佐藤市兵衛が、地場産の小麦で作ったのが始まりとされ、秋田藩主佐竹氏への献上品、宮内庁御用品にもなった。

 原料は小麦粉と塩、水だけ。打ち粉はでんぷんを使うと決まっている。細く平たい形状と、つるりと滑らかな食感、独特のこしが特徴的で、これを生み出すのが、江戸時代から受け継がれてきた製法だ。

湯沢市

秋田
ドイツ人シェフの発酵食メニュー好評 湯沢・ヤマモ味噌醤油
秋田
湯沢「七夕絵どうろうまつり」中止、有志が代替イベント企画
秋田
4連休は秋田の魅力を再発見! 観光地、県民で盛況
秋田
アスパラ料理、グランプリメニュー提供 道の駅おがち
秋田
いぶりがっこ粉末、麺に絡む! 湯沢の業者がカップラーメン