稲庭うどん(秋田県湯沢市)

 湯沢市稲庭町特産の「稲庭うどん」は、香川県の「讃岐うどん」と並び知名度が高く、「日本三大うどん」の一つとしても知られる。

 江戸時代初期に佐藤市兵衛が、地場産の小麦で作ったのが始まりとされ、秋田藩主佐竹氏への献上品、宮内庁御用品にもなった。

 原料は小麦粉と塩、水だけ。打ち粉はでんぷんを使うと決まっている。細く平たい形状と、つるりと滑らかな食感、独特のこしが特徴的で、これを生み出すのが、江戸時代から受け継がれてきた製法だ。

湯沢市

秋田
陸奥湾産ホタテで新メニュー 道の駅おがち、養殖研究者が縁
秋田
湯沢市の上遠野さん、野鳥撮影続け40年 集大成の写真展
秋田
一本桜「おしら様」圧巻 静かな風景に彩り添える
秋田
「疲れ吹き飛ぶ美しさ」 桜並木220本壮観、湯沢
秋田
松岡経塚遺跡の経筒、23日から湯沢で展示 京都から里帰り