中国・吉祥航空が南京-青森線を申請

 中国の航空会社「吉祥航空」(本社・上海市)が、中国・南京-青森間の新規路線の開設を中国当局に申請したことが25日、分かった。中国民用航空局が20日付で発表した申請内容によると、同社は今年8月から週7便運航するとしている。

 同社ホームページによると、同社は2006年9月に正式に事業を開始。上海、南京の両都市を拠点に、東京、大阪、名古屋をはじめ国内外に定期便を就航しているという。

 中国と青森県を結ぶ定期航空路線は、奥凱(オーケー)航空(本社北京市)が天津-青森線を17年5月に開設。だが、利用減などで今年3月から7月まで運休している。このほか青森空港と海外を結ぶ定期路線は、大韓航空(韓国)のソウル線に加え、7月17日にエバー航空(台湾)が台北線を開設する予定となっている。

青森市

青森
65年ぶりシードル復活/弘前
青森
青森県5美術館が連携 観光客にアートPR
青森
青森・合浦公園でスイレン見ごろ
青森
ラベンダー見ごろ 浪岡のアップルヒル
青森
陸奥湾青森沿岸マボヤの水揚げ本格化