エヴァの世界へいざなう/6日から青森で博覧会

エヴァンゲリオンとコラボした大きな金魚ねぶたなどが展示された「エヴァ大博覧会」=5日、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホール

 25年以上も愛され続ける大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力をひもとく「エヴァンゲリオン大博覧会」(東奥日報社、青森放送主催)が6日、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで開幕する。「綾波レイ」ら主要キャラクターのフィギュアなど4千点を超えるアニメグッズが並び、来場者をエヴァの世界へといざなう。

 同アニメは、巨大な人型人造兵器「エヴァンゲリオン」に乗った少年少女らが未知の生命体と戦う物語。その人気ぶりはアニメの枠にとどまらず、缶コーヒーや携帯電話、レーシングチームなど幅広いジャンルとコラボしてきた。

 今回は、それらのコラボグッズのほか、博覧会に合わせてねぶた師の立田龍宝さんが制作した高さ約2メートルのエヴァンゲリオンとコラボした金魚ねぶたなども展示する。

 5日は開幕式と内覧会が開かれ、青森放送の山本恒太社長は「(博覧会を)じっくり見て、エヴァンゲリオンの世界に浸ってほしい」とあいさつ。関係者がテープカットを行った。

 同博覧会は9月1日まで。開館は午前10時~午後6時。入場料は一般・大学生1800円、小中高生千円、未就学児は無料。

青森市

青森
大型ねぶた台上げ 高まる祭りムード/青森市
青森
世界遺産ウィーク開幕 青森の三内丸山遺跡
青森
沿道 ねぶたムードに/青森・桟敷席作り始まる
青森
「GOKANフェス」入場者15万人突破
青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成