大輪鮮やか・南部町でぼたんまつり開幕

咲き誇るボタンを笑顔で眺める来園者=14日午前、南部町大向

 青森県南部町大向の長谷ぼたん園で14日、恒例の「ぼたんまつり」が例年より約1週間早く開幕した。園内にある約130種計8千本のボタンは現在五分咲きで、赤やピンク、紫など色鮮やかな大輪が広がっている。会期は26日まで。

 旧南部町時代、住民1人1本を目指して植えられたボタンは、当初の恵光院敷地内から周辺を含め3.3ヘクタールにまで広がった。先週後半から暖かい日が続いた影響で、花は一気に開花が進んだという。

 好天の下、同園で行った開園セレモニーには、なんぶこども園の年長組園児20人も参加。佐々木俊昭副町長、まつり実行委員会の工藤愛会長らと一緒に、園児代表として盛田真志(ましろ)ちゃん(6)と工藤琴羽ちゃん(5)がテープカットした。

 この後、全員でよさこいを披露した園児たちは、保護者と一緒に園内を散策。山内まひるちゃん(5)は「ピンクのボタンが一番きれい」と大喜びだった。

 見ごろは今週末から来週にかけて。17~25日は日没から午後8時まで、夜間ライトアップを初めて行う。

色とりどりのボタンが咲き誇る園内

南部町

青森
初夏の味覚サクランボ狩り20日から/南部町
青森
聖寿寺館跡(南部町)ガイドの会が活動スタート/7月日曜は常駐、予約外も対応
青森
南部町産果物PR任せて/フルーツ娘9人に委嘱
青森
勇壮に力強く春呼ぶ摺り/南部えんぶり開幕
青森
八戸駅-十和田湖 ロングトレイル試験運用へ