むつ・釜臥山アゲハ 世界夜景遺産に内定

「世界夜景遺産」に内定した釜臥山展望台からの夜景=2023年6月

 青森県むつ市の釜臥山展望台から見る夜景が、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(埼玉県)が認定する「世界夜景遺産」に内定した。釜臥山からの夜景は、奥内方面と大湊方面に延びる明かりが、アゲハチョウが羽を広げて羽ばたいている様子に例えられ、市が同遺産認定を目指していた。年度内にも正式決定する。

 山本知也市長が6日の記者会見で明らかにした。市観光・シティプロモーション推進課によると、昨年11月から今年1月末の間に、同ビューローによる現地調査などが行われ、今月5日付で内定通知が届いた。国内初の認定となるという。

 市は6日発表した2024年度当初予算案に、認定記念イベントの開催、バスやタクシーで展望台まで移動できる観光商品の造成、認知度向上を図るためのグッズ開発などの経費として845万円を計上。記者会見で山本市長は「(認定は)市民の郷土愛の醸成につながっていくと思う。国内・国外の方にも見に来ていただけるように取り組んでいきたい」と話した。

 同ビューローは「優れた普遍的価値を有する夜景」として、台湾ランタンフェスティバルなどを世界夜景遺産に認定している。

むつ市

青森
大畑線キハ85 19日から運転会/むつ
青森
「しもきたマルシェ」今年もスタート
青森
イルカ観察、仏ケ浦観光「平成号」今季運航開始
青森
鎮魂願い 恐山に春/半年ぶり開山
青森
陸奥湾に今年もイルカの群れ